梅雨時の散歩

今朝も 雨音で目が覚めました。 雲は厚く、朝の散歩を見合わせています。

30分程の雲の切れ間に連れ出すつもりが、頑固なアールの立ち往生で、すっかり濡れてしまうこともあります。むかしは 雨の気配を察知して、降り出しそうなときには 散歩を早めに切り上げていたこともあったのに、アールの雨センサーの信頼度も落ちてきたのでしょうか。 それとも 「濡れないで」という こちらの要求を、軽く無視するようになったのかしら。

空はまだ暗いのですが、気象庁の「降雨レーダー」を見ると もう晴れてもよさそうです。 ちょっと 一回りしてきてからのほうが、アールも食欲が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です