パンドラの箱

「肝臓の癌かもしれない」と思って、餌には炭水化物をなるべく控えて 脂の乗った旬の魚を与えるようにしていました。 毎月検査を受けて 薬を飲ませ続けていても、「かもしれない」という疑いの中には希望が含まれると思っていました。 検査を受けたからといって 治るわけではないという気持ちもありました。

やっと決心して、検査設備の整った病院に行きました。 詳しく調べたところ 今 悪いのは肝臓ではなさそうです。 診断が下るまでには さらに検査が必要ですが、きちんと調べることは 希望が消えることではなく、適切な治療の可能性という希望を見つけることでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です