『SHETLAND』の「YELL」

Marie Wallinさんのフェアアイルニットの本から選んだ2作目です。

Yellは、シェットランド諸島のUnstとフェリーでつながる美しい島で、たくさんの羊と古い農場の遺跡のある島の名だそうです。

素敵でユニークな雰囲気のこの作品をすぐに編みたいと思いました。

いつも、こんな雰囲気の装いをしている友だちに、編んだら着てほしいとたのみました。編むことが大好きな上、編みあがったものを着てもらえることが嬉しい、という贅沢な編み物フェチなのです。

デザインがユニークなだけでなく、編み方もユニークで、とても楽しく編みました。

Marie Wallinさんのスティークスは私が知っていたのとは違うやり方でした。試してみて、なるほどと感心したのですが、最後に薄いウールのテープで覆って仕上げるようで、そのようなテープは持っていないので、従来通りのスティークスにしました。

『SHETLAND』より「MOUSA」

Marie Wallinさんのフェアアイルニットの本を入手しました。

表紙に選ばれているのが、この「MOUSA」。

Mousaとは、シェットランド諸島に属す無人島の名前のようです。

ゆったりと肩から腰まで包むスタイルが着やすそうなので編んでみようと思いました。

裾はスリットになっているので、スリット部分の縁編はどうなっているのかなぁ、と思いつつ英文の編み方説明に挑戦しました。

日本の編み物の本のように編み図記号は使われないのは知っていましたが、省略された表記が多いのに戸惑いました。例えば、表編みはK裏編みはP編み目はstという具合です。そして、編み図がないので編み方が丁寧に説明されています。一つの記号で示されるのに慣れているので、3行にわたって説明されている3目一度は、難解で苦戦しました。でも、3目一度を使って直角に縁編を作ってしまうことが分かって、「目からうろこ」の気分でした。そして、Marie Wallinさんの美しく編み上げる工夫に感心しました。

肩の引き返し編みや襟ぐりの説明も日本の編み図に慣れた感覚では戸惑いました。前後の身頃を別に編んでから綴じ合わせるように説明されているのに、輪編にしたこともあって、何度も編みなおすことになりました。

ちょっとハードルが高かったのですが、挑戦できたのが楽しく、この本を制覇したいと意欲を燃やしています。

前開きベスト

昨年の『毛糸だま』に載っていた「アシュトンの模様」は、見るほどに魅力がまし、もう一枚編みたいと思っていました。

家族に着てもらいたいのですが、フェアアイルニットのベストを着る機会はそれほど多くないのに、すでに2枚編んであります。3枚目になるので、ちょっと趣向を変えて前開きにしました。

ジェミーソンズのスピンドリフトを4号針で輪編にして、前立てと袖はスティークスを切り開き、貝ボタンを7個つけました。

ミントグリーンのワンピース

以前、グレーの地に赤のグラデーションで編んだ模様をベージュにミントグリーンのグラデーションであんでみました。

ワンピースの裾から肩に向けて編みながら毛糸の色を変えるのは、編むのはとても楽しいのですが、編み終えて初めて全体の感じを知ることになります。仕上げて広げて写真に撮りながら「次に編む時はこんな風に…」と、まだまだ未熟なことを痛感します。

ジェミーソンズのスピンドリフトを4号輪編針で編みました。

複雑な模様をモノトーンで

気をそらしたら間違えてしまいそうな複雑な模様を編みたいと思って探したノルディックの図案(『「COLORS」風工房のお気に入り色遊び277』 no.123)を多色の編み込みにしました。

模様が複雑なので、形はシンプルに長方形にしてみました。

ジェミーソンズのスピンドラフトを4号輪編針で編みました。

ブルーのチュニック丈

『「COLORS」風工房のお気に入り色遊び277』のno.76を参考にしました。身幅の都合で縦に2本模様を入れることにしました。

ジェミーソンズのスピンドリフトにはいろいろな色調のブルーがあって、どれを選んで並べるか迷うのですが、なんとなく夏のイメージになったようです。色選びは、意識しているつもりはないのに季節に左右されるのでしょうか。

3号輪編針を使ったので、ちょっと小ぶりの仕上がりになりました。

ブログをリニューアルしました。

ブログを始めたのは、2006年でした。

バージョンアップを繰り返していましたが、手直ししきれない不具合がでたので、大々的なリニューアルになりました。

添付写真をチェックしながら、古いブログをたどってみました。

昨日と変わらぬ今日が続いていたようでも、さまざまな変遷があったのを思い返しました。

いつまでも一緒にいたいと願ったアール。・・・記事を読み返して、また胸が詰まりました。今でも、散歩の途中でふっと傍を一緒に歩いてくれる私の宝です。

フェアアイルニットのワンピース

『風工房のフェアアイルニット』に記載されているNo.06のワンピースをジェミーソンズのスピンクラフトで編みました。

本には、リッチモアのパーセントを5号針で編むように書かれているので、3号針のゲージに合わせて模様を2段加えました。胸元のツリー模様で減らし目をして丸ヨークにしました。

シェットランドの羊の自然色のおかげで、懐かしい色合いになったと思います。

 

 

フェアアイルニットのコート

シェットランドヤーンで編んだフェアアイルニットは、軽くて暖かいので頼りがいのある防寒着になります。

友だちのコート(2015年9月制作)を見て、色合いをちょっと明るくして同じものを編んでほしいと頼まれました。襟もつけてほしいという希望だったのですが、どんな襟にできるかイメージがわかなくて、別にネックウォーマーを編み添えました。

夏の暑さがじわじわと迫るこの時期ながら、冬に備えた暖かい一枚になりました。

ジェミーソンズ、スピンドラフトを3号輪編針で編みました。裾から編んだ身頃と袖口から編み始めた袖と脇下で合わせてラグラン袖にしました。前立てのスティークスを切り開いてオープンファスナーをつけました。

芍薬とデルフィニューム

IMG_1578緑の季節になって、庭の花も咲きそろってきました。

今年は、シャクヤクにたくさん蕾が付きました。次に開く蕾のために先に咲いた花を切りました。室内で見ると、花の豪華さにあらためて感心しました。

IMG_1575昨年植えたデルフィニュームは、秋の終わりまで咲き続けたので、今年はもう育たないのではないかと思っていました。ところが、去年の株から5本の芽が出て、きれいに花をつけてくれました。白からディープパープルまでいろいろな色がある中で、家にはこのブルーインプが一番合うようで、よく咲いてくれています。